前へ
次へ

いざという時の医療システムを確認しておく

以前は、医師不足から医療機関の体制も悪い方向で、主治医がつまらない、こうした声も聞かれるほどでした。
受診先を確保できても、迎えに来る態勢まではありません。
ですが、医療機関の体制だけを問題視してはならず、頑なに受診を嫌がり、車に乗ることを拒否する患者さんもいらっしゃいます。
救急車への乗車も、他者に危害が及ぶような状態の時には対象外となることをどれだけの人が知っているでしょうか。
周囲、救急隊員の説得も困難であれば、警察の協力も必要とします。
医療機関も運営しなければ破綻します。
全国的に、その運用には地域差が生じているのが実情です。
指定病院への移送に関しても、対象となる患者の設定も困難であったり、移送に関わる人員配置、受け入れ機関の予算上の問題などがあります。
しかし私たちの耳に入らず、目に触れることはありません。
だからこそ、あらかじめ自分の地域ではどのような救急システムになっているのか、保健センターなどに確認しておきましょう。

Page Top