前へ
次へ

万が一の際にも安心できる体制を整える

患者さんの急変時に対応する救急体制は、現在のところ、果たして十分だと言えるのでしょうか。
自分たちの住む地域において、急変時に対応してくれる病院や移送システムなどをリサーチしておきましょう。
本人のみならず家族も、日頃からどんな症状から病気が始まったのかを認識しておかなければなりません。
日々の状態を見守ることは、一番身近である家族だからできることです。
また、お年寄りとの生活ならば、服用している薬の名前や用法、用量も知っておきましょう。
意外に、どんな薬を服用しているのか、どんな持病を抱えているのかを周囲が認識していないようです。
高齢者や幼児なら、万が一の際に緊急連絡先や病院の連絡先、かかりつけ医の名前なども控えておきましょう。
身体症状の異常であれば、救急車を呼ぶことができます。
夜間や休日が閉まっていたり、入院の相談をしたくてもベッドが満床だったりする場合もあります。
そんな時には、夜間休日救急診療の制度も利用しましょう。

Page Top