前へ
次へ

子供の身長を伸ばすのなら適度な運動をすることも必要

成長ホルモン療法やサプリメントの処方など、医療機関で成長期の子供の身長を伸ばす治療を受けることはできる時代です。
ですが基本的には子供の生活習慣が大きく関わることであり、睡眠と食事と運動の三本柱が背を伸ばすためには大切になります。
現代の子供たちはゲームなど室内での遊びが多くなっているので、昔の子供たちのように学校から帰宅をしたら、外でお友達と毎日元気に走り回り遊ぶことは少ないです。
圧倒的な運動量の少なさは低身長を招きやすいため、骨の成長を促すためにも子供には、適度な運動の習慣を取り入れることも必要になります。
身長が伸びるということは丈夫な骨が健やかに伸びるということであり、身体を良く動かすことで骨も成長をしますし、成長ホルモンの分泌も順調になるなど良いことが多いです。
運動をするようになると自然に空腹を感じるので、良い栄養をしっかりと摂取できる食欲増進作用もあります。
全身を使うような運動はピッタリですから、水泳を始めるのも良い考えです。

Page Top